歴史・沿革

歴史

伝統で築き上げた信用と実績。創意工夫で時代の変革に対応。
働き方改革と益々の地域貢献を目指しています。

初代社長「高橋政吉」が大正10年建築請負業高橋組を創業。神社、寺院の他、地域の住宅、白石村の学校の建築等を請負い、地域に根差した建設業として地域貢献のために労を費やし、北海道大工業組合連合会長として全道の建設業者に対して資材の配給業務等を行いました。
昭和29年に組織変更し、株式会社となり、白石村と札幌市の合併による受注増から社名を現在の「札幌土建工業株式会社」と命名。
昭和34年に2代目社長「高橋政喜」が代表取締役に就任、以来開発局、北海道、札幌市の工事を請負い益々地域貢献に力を注ぎました。
昭和58年に現在の3代目社長「高橋英明」が代表取締に就任。

日進月歩の建設業の中で、先代、先々代から受け継いだ地域貢献をスローガンに日々新しい挑戦を目指し技術の向上を図っております。
これからも、今まで築き上げた信用と実績をもとに、創意工夫をもって時代の変革に対応し、日々お客様の満足と地域社会の発展に貢献してまいります。
また、札幌市ワーク・ライフ・バランスplus認証企業として働き方改革にも力を入れております。

沿革

1921年(大正10年) 高橋組として高橋政吉が土木・建築請負業を創業する。北海道大工業組合連合会会長
1954年(昭和29年) 札幌土建工業株式会社に組織変更
1959年(昭和34年) 2代社長 高橋政喜 代表取締役に就任
1983年(昭和58年) 3代社長 高橋英明 代表取締役に就任
2007年(平成19年) (感謝状)北海道(建築工事部門施工優秀)
2008年(平成20年) (感謝状)札幌市都市局(羊丘中学校改築工事 JV)
2010年(平成22年) (表彰状)札幌市都市局(あけぼのアート&コミュニティーセンター改修工事)
2011年(平成23年) (表彰状)札幌市都市局(大倉山小学校耐震改修ほか工事)
2013年(平成25年) (表彰状)札幌市都市局(中央消防署大通・豊水統合出張所新築工事)
2013年(平成25年) (表彰状)札幌市建設局(下水道河川工事安全管理)
2016年(平成28年) (第15回公共建築賞優秀賞)北海道小樽高等支援学校
2018年(平成30年) (表彰状)札幌市都市局(公営住宅東雁来団地3棟新築工事)

求人採用の詳細はこちら

採用情報